モールドベースって何?

長岡機械では、「モールドベース」というものを造っています。 しかし、これがどんなものなのか、ご存じの方は少ないでしょう。

  私たちの身の回りには、プラスティックなどの樹脂や金属などでできた製品が多数ありますが、これらはすべて「金型」というもので造られます。 そして、この金型を使って、製品を製造する機械を「モールドベース」と呼びます。金型の「母体」になるものとも言えるでしょう。  

モールドベース 完成品参考図

  部品の写真

 

もしモールドベースがなかったら、様々な製品を大量生産することはできません。また、モールドベース自体にも寿命があるので、同じものを続けて製造するには、いずれは新しいモールドベースが必要になります。 プラスティックや金属などの製品が存在する限り、モールドベースの製造も絶えることがないのです。

モールドベースを造っている長岡機械は、みなさんの現代生活を陰で支えていると言ってもいいでしょう。